お電話 メール MAIL 公式サイト 公式サイト

飲食店ちょい足しコラム
飲食店の開業支援・経営支援に特化した
みやじま税理士事務所がお届けする
飲食店の開業・経営にちょっとだけ役に立つコラム

飲食店の開業は何月がベスト?考えるポイントについて

開業の時期は不動産の物件に入居できるタイミングや、内装工事のタイミングに左右されますが、ある程度は自分で決めることができます。



今回は何月に開業するか、を決めるときに考慮した方がよいポイントについてのお話です。

売上のピークに向けて開業する月を決める

大体の飲食店は月ごとに売上の波があります。



この波は地域や立地、客層にも左右されるのですが、3月と12月に売上のピークを迎える飲食店が多いです。



3月は春を迎えて人出が多くなることや送迎会シーズン、12月は忘年会シーズンのためと考えられます。
(特に札幌は雪が溶け始める3月が強いです)





この売上のピークに向けて数か月前から準備しておくという考え方があります。



つまり、3月と12月の数か月前の売上が多くない時期、1~2月や10~11月くらいに開業して慣らし運転をする、という考え方です。





お客様への対応や店舗オペレーションに慣れておくことと、需要が多くなる時期にお店選びの選択肢として考慮してもらえる可能性が高くなることなどのメリットがあります。

年間の売上予測をもとに開業する月を決める

もう一つは年間の売上予測をもとにして開業月を決める考え方です。



個人事業主として開業する場合、1~12月の年間売上高が1,000万円を超えた場合、その年の2年後から消費税の納税義務が発生します。
(特定期間による納税義務の発生等を除く)



つまり、開業した年の年間売上高が1,000万円以下であれば、消費税の納税義務が発生するのが1年繰り越されるわけです。





売上計画をもとにした月の売上予測が150万円とした場合、

・5月の開業であれば年間売上は150万円×8か月=1,200万円

・8月の開業であれば年間売上は150万円×5か月=750万円


ということになるため、5月開業の場合だと、2年後から消費税の納税義務が生じるのに対して、8月開業の場合だと、2年後も消費税の納税義務は免除されるのです。



もちろん売上は予測なので正確に着地することはほぼありませんが、上記のような消費税の取扱いに差が出ることはあります。



※上記は一例であり、消費税の納税義務の判定は上記の他にも複数の要素を考慮して行います。上記の内容を参考にしても、詳細な状況を把握できない状況では、正確な納税義務の有無の判定はできないことをご了承ください

開業準備は念入りに、じっくりと時間をかけて

立地や広告宣伝の仕方にもよりますが、飲食店にはオープン景気というものが存在します。


開業したことを知った方が、まず試しに食べに行くというものです。





不慣れな状況のまま開業してしまうと、オープン景気の顧客対応に失敗してしまい、もう二度とお店に来てくれない状況が生まれてしまうこともあります。
(料理が出るのが遅くて待たされた、店員があたふたしていて注文しにくかった、忙しそうでくつろげなかった、などが多いです)





開業月を決めるため考慮するポイントを書きましたが、一番優先すべきは、「しっかりと準備が整ったかどうか」です。





開業からしばらくは慣らし運転になることが多いため、最初はひっそりとオープンしておいて準備を整え、売上のピーク月に向けて宣伝を強くしていく、という方法が無難かもしてません。

無料(初回)相談受付中!

011-838-7715

受付 9:00〜18:00 土日祝対応可
みやじま税理士事務所公式サイトは こちら

お問い合わせフォーム

前の記事へ 次の記事へ