お電話 メール MAIL コラム コラム

札幌、東京で飲食店を開業するなら みやじま税理士事務所 miyajima tax accountant office

飲食店を開業したい方、
飲食店を経営している方
このようなお悩みはありませんか?

  • 独立開業したい!でも本当にやっていけるか心配だ…
  • 独立開業したいが何から始めたらよいか知りたい
  • 銀行から開業資金の融資を受けたい
  • 運営に集中したいため経理や税務申告のサポートを受けたい
  • 事業を発展させるため法人化を考えている
  • 開業や運営にあたり何でも相談できる窓口がほしい

そのお悩み、みやじま税理士事務所に
ご相談ください!

みやじま税理士事務所は飲食店の開業支援・経営支援に特化した税理士事務所です。
開業前の計画作成のお手伝い、開業資金の調達のための銀行へのご紹介、
店舗運営を行っていく際の経理サポート、
決算・税務申告・節税対策などの飲食店経営をトータルでサポートいたします。

無料(初回)相談受付中!

011-838-7715

受付 9:00〜18:00 土日祝対応可

お問い合わせフォーム

業務内容

開業支援

飲食店の開業は開業前4~6か月から準備をする必要があります。
当事務所では創業計画書の作成サポート、開業の手順・スケジュールのお伝え、税務署への届出書の提出など必要な手続きをお手伝いいたします。

開業支援

資金調達

開業時に必要資金のすべてを自己資金で賄う方はほとんどおりません。
当事務所では、開業時の借入を行う際の銀行のご紹介、創業計画書の作成のお手伝い、融資を受ける際の成功するためのポイントなどをお伝えします。

資金調達

経理サポート

開業前に調理や接客のお仕事をしていた方で、店舗運営に必要な一連の経理業務に携わったことがある方は多くありません。
当事務所では店舗運営に必要な一連の経理業務のアドバイス、サポートをおこないます。

経理サポート

確定申告

個人事業主の方は翌年3月15日まで、法人の方は決算から2ヶ月以内に税額を確定するための税務申告をする必要があります。
当事務所では個人事業主または法人として必要な税務申告を代理します。

確定申告

決算・節税対策

決算期(個人事業主の方は12月、法人の方は任意の決算期)を過ぎてしまったあとでもできる節税対策はほとんどありません。
当事務所では決算前に利益予測、納税予測をお伝えし、必要な決算対策をご提案します。

決算・節税対策

飲食店に特化した
税理士事務所の特徴

  • 開業前相談に強い

    開業前相談に強い

    飲食店は廃業率が高い業種です。その原因は、創業時における事業計画の詰めの甘さや資金不足などの準備不足によるところが大きいと感じます。
    強みや差別化が明確なお店か、事業を長く続けていける収支計画かどうか、数々の飲食店の創業ノウハウをもとにサポートします。

  • 創業融資サポートに強い

    創業融資サポートに強い

    創業融資の審査に通るためには一定の条件が必要です。銀行から高い評価を得るためにはどのような準備が必要か、事業計画書の作成のポイントや自己資金の貯め方など、過去の飲食店融資の成功事例をもとにお伝えします。

  • 飲食店、オーナーの生涯設計に強い

    飲食店、オーナーの
    生涯設計に強い

    飲食店の形態は様々です。多店舗展開することもあれば、ご夫婦ふたりで続けていくお店もあります。オーナーの希望にあわせた税務上有利な運営形態の提案やオーナー自身の生涯設計もご提案します。

よくあるご質問

開業支援

飲食店を開業したいと考えているのですが、いつから、どのような順序で進めればよいのでしょうか?

飲食店開業までの大まかなスケジュールは下記のようなイメージになります。

3~6
か月前

  • ・ 創業計画の作成、店舗コンセプト決定
  • ・ 店舗物件探し
  • ・ 内装・厨房機器業者選定
  • ・ 食材仕入先選定

1~2
か月前

  • ・ 不動産物件決定
  • ・ 内装・厨房機器業者見積り取得
  • ・ 融資申し込み
  • ・ 営業許可申請
  • ・ 従業員募集・教育
※銀行への融資の申し込みは、不動産の物件が決まり、内装・厨房設備関係の見積りを取得した後のタイミングです。

まずは創業の計画を頭の中から紙に表現するところからスタートです。
みやじま税理士事務所では、計画書の作成からお手伝いいたしますので、気軽にお声がけください(初回のご相談は無料です)。

決算・節税対策

開業するにあたり自己資金はどのくらいあればよいのでしょうか?また、銀行から融資は受けられるのでしょうか?

自己資金はあればあるほどよく、貯め方も重要です。日本政策金融公庫の創業融資では、自己資金が創業資金総額の1/10(創業資金総額が1,000万円に対して、自己資金100万円)
あれば要件を満たすことになっていますが、実際は1/10の金額では融資やその後の運営が厳しくなってしまいます(創業者の自己資金の割合は平均で3割程度)。
融資を成功するためのポイントは「経験」と「自己資金」が重要です。
コツコツ貯めた資金を元手にして、いままでの経験とノウハウを生かした開業であれば、融資を受けられる可能性がグンと高くなります。

経理サポート

店舗での現金の管理などの経理業務は、どのようにすればよいのでしょうか?

飲食店の経理で一番重要なのは現金管理です。現金管理をいい加減にやっているために税務調査で問題になったり、従業員による盗難・横領が発生したりします。
(現金商売での従業員による盗難・横領は非常に多くありますし、立証が難しく泣き寝入りになることもあります)
そのような事態を生じさせないために、レジに入力した売上の金額とレジの現金から支払った仕入れや経費の領収書の金額を差し引いた帳簿上の残高と
実際の現金の有り高(レジにある現金)を一致させることが必要です。

確定申告

開業するにあたり、個人事業主として開業するか、法人事業主(会社を設立)として開業するか、どちらがよいでしょうか?

飲食店の開業の場合、個人事業主での開業をおすすめしています。
個人事業主と法人事業主で税務上や手続き上など取り扱いが異なる点が出てきます。
理由は、初期費用や管理費用が抑えられること、開業から数年間は利益が多く出すぎず個人事業主の方が税率が低くなるケースが多いこと、
会社組織としての対外的な信頼が必要ないこと、消費税の免税期間が多くなる可能性があること、などが挙げられます。

決算・節税対策

売上が好調で利益が多く出るため、多額の税金が出そうなのですが、どのような節税対策があるのでしょうか?

少額(30万円未満)の設備投資や店舗修繕の前倒し、人への投資などがスタンダードな節税対策です。
来年に予定していた修繕を、利益が出ている今年に前倒しにすることで、その年の経費を増やすことができます。
人件費の増加は、従業員のモチベーションの維持だけではなく、税額控除の恩恵も受けられる可能性があります(所得拡大税制)。
また、忘れがちなのが、他の飲食店への視察による研究費の計上。領収書やクレジットカード明細は捨てずにとっておきましょう。

さらに詳細が知りたい方は
「飲食店ちょい足しコラム」
をご覧ください。

飲食店の開業支援・経営支援に特化したみやじま税理士事務所がお届け
する、飲食店の開業・経営にちょっとだけ役に立つコラム

お客様の声

  • 寺嶋 宏基様

    寺嶋 宏基

    ラ・テッラ ナポリピッツァの
    移動販売

    当事務所と仕事をすることになったきっかけは?
    調理師専門学校の先生の紹介で知り合って仕事をお願いすることにしました。
    当事務所に依頼してよかった点は何ですか?
    開業前の手続きに精通していて、安心して相談できる点です。
    開業前の事業計画の作成サポート、銀行融資の相談をしてもらいました。開業前はとにかくわからないことだらけなので、経験豊富な方に相談に乗ってもらえることで安心できたのが良かったです。
  • 三浦 和総様

    三浦 和総

    勝どきかず総(東京 勝どき)

    当事務所と仕事をすることになったきっかけは?
    宮嶋さんが以前に働いていた税理士事務所のときからの付き合いです。とても親身になってくれる方なので、独立後も引き続きお願いすることにしました。
    当事務所に依頼してよかった点は何ですか?
    積極的にいろいろな提案をしてもらえる点です。
    損益や資金繰りなどの業績の報告だけではなく、退職金のことや人を採用した場合の助成金の提案、他士業への橋渡しなどいろいろな提案をしてもらえることが助かっています。
  • 長坂 実里様

    長坂 実里

    Toriko(札幌 麻生)

    当事務所と仕事をすることになったきっかけは?
    ホームページを見て相談を申し込みました。
    他の税理士事務所の話も聞こうと思っていましたが、最初に相談した宮嶋さんが頼りになると感じたのでサポートをお願いしました。
    当事務所に依頼してよかった点は何ですか?
    創業融資のサポートをしてもらえた点です。事業計画の助言や銀行の紹介など、自分だけではできなかった点をフォローしてもらえたので、希望通りの融資をうけることができました。
  • 小林 綾介様

    小林 綾介

    欧風酒場tera.co.バール
    (札幌 すすきの)

    当事務所と仕事をすることになったきっかけは?
    調理師専門学校の先生の紹介で知り合って仕事をお願いすることにしました。
    当事務所に依頼してよかった点は何ですか?
    店舗運営のアドバイスをしてもらえた点です。数多くの飲食店に携わっているため、他店の成功事例を教えてもらいながら、店舗診断を行ってもらいアドバイスをいただきました。
    それと宮嶋さん自身がよく食べに来てくれることやお客様を紹介してくれることも助かっています。
  • 本田 卓也様

    本田 卓也

    光塩学園調理製菓専門学校

    当事務所と仕事をすることになったきっかけは?
    宮嶋さんは私の生徒で元々面識がありました。卒業生が独立を考えているときに相談に乗ってもらっています。
    当事務所に依頼してよかった点は何ですか?
    お金や開業・税務の手続きの話など、料理の修行をしてきただけではわからないことの相談に乗ってもらえる点です。我々の業界のことも把握している税理士なので、話が通じやすく頼りにしています。

料金案内

月次顧問料 決算料
個人
事業主
20,000円〜 月次顧問料の4ヵ月分(消費税の申告がある場合は+1か月分)
法人 25,000円〜 月次顧問料の4か月分(消費税の申告がある場合は+1か月分)

(消費税抜)

上記の金額をベースに、お客様の売上規模や経理方法などに応じてお見積りをいたします。
月次顧問料・決算料のほかに、年末調整・償却資産税申告などの報酬が生じます。

活動範囲

日本のビジネスの中心である東京の経営ノウハウを把握している札幌出身の税理士が
札幌、東京での飲食店の開業・経営をサポートします。
札幌の飲食店の東京進出や北海道ブランドの東京への発信、東京ブランドの札幌への発信などを応援します。

SAPPORO
TOKYO

プロフィール

宮嶋 力(みやじま ちから)税理士、中小企業診断士
宮嶋 力(みやじま ちから)
税理士、中小企業診断士
弊所ホームページをご覧いただきありがとうございます。
私自身、食べることが大好きで、飲食店の経営サポートをできることに大きな喜びを感じております。
個人的な感想ですが、開業前の計画・シミュレーションなどの準備を入念に行うことで、成功する可能性を高くできると思っております。
初回のご相談は無料になっておりますので、お気軽にお声がけください。
生年月日:1979年6月30日
光塩学園調理製菓専門学校 調理技術専攻科卒業。
東京の2か所の税理士法人に勤務しながら税理士試験合格。
東京、札幌の50店舗以上の経営支援、開業支援を行う。

事務所概要

住所 〒064-0823
札幌市中央区北3条西27丁目
2-21-201
電話番号 011-838-7715
最寄り駅 札幌市営地下鉄東西線
西28丁目駅 3番出口より徒歩5分
円山公園駅 2番出口より徒歩8分

無料(初回)相談受付中!

011-838-7715

受付 9:00〜18:00 土日祝対応可

お問い合わせフォーム

さらに詳細が知りたい方は
「飲食店ちょい足しコラム」
をご覧ください。

飲食店の開業支援・経営支援に特化したみやじま税理士事務所がお届け
する、飲食店の開業・経営にちょっとだけ役に立つコラム