お電話 メール MAIL 公式サイト 公式サイト

飲食店ちょい足しコラム
飲食店の開業支援・経営支援に特化した
みやじま税理士事務所がお届けする
飲食店の開業・経営にちょっとだけ役に立つコラム

飲食店の創業融資を成功させるポイント 面談編

創業融資の申し込み時は申込書、必要書類を準備したのち、銀行の担当者と直接会って面談をします。



今回は、面談時にどのようなことを聞かれ、どのように対応すればよいかを記載したいと思います。

身なりはきちんと。第一印象を悪くしないことが重要

面談は「何を話すか」という話の内容よりも、「どのように話すか」という本人の人柄が重要です。



いくら技術を持った方でも、人柄のよい人でも、第一印象でだらしない印象を持たれてしまってはマイナスにしか働きません。



銀行の担当者に「この人大丈夫かな・・・」と第一印象で悪い印象を持たれてしまっては、上手に話をしても悪い印象を引きずられてしまう恐れがあります。



身なりではマイナスのポイントを作らないように、服装はできればスーツで、髪型やヒゲなども清潔感があるものにしておいた方が無難でしょう。

面談は創業計画書と預金通帳をもとに進められる

銀行の担当者から聞かれるのは、主に創業計画書の内容です。



計画書に書いてある内容をもう少し深掘りする形で質問されます。



例えば、

・開業しようとしたきっかけ

・過去の経歴の中でどのようなことを経験してきたか

・お店のターゲット層とターゲットを設定した根拠

・お店の営業条件(席数、営業時間、従業員の有無など)

・売上を上げていくための販促


などでしょうか。



基本的には創業計画書に書いてあることをそのまま話をすればよいのですが、創業計画書を自分で作成していないと、計画書に書いてあることを話せない恐れがあります。こうなってしまうとマイナスになります。






その後は、預金通帳を見ながら金額の大きな動きがあれば質問されます。
(預金通帳は給料受取りと家賃や光熱費などの生活費支払いがあるものを提出します)



どのようにしてお金を貯めたか、という点を見られるんですね。




そして、一番好印象なのは、独立前の給料の中から毎月コツコツと貯める貯め方です。




私も創業される方の自己資金の貯め方をお聞きするのですが、この点はその後の事業の成功にある程度直結する重要なポイントだと思っています。



収入と支出を管理して毎月コツコツ貯めることができたか、という点はお店を経営することとほぼ同じなので、このような貯め方を早めに意識することをおススメします。

融資の結果はある程度決まっているのでリラックス

実は申し込みの書類を準備する段階で、融資の結果はある程度決まっています。
(税理士を通して融資の申し込みをする場合、私達から事前に銀行の担当者へ相談しておくケースがほとんどです)



もちろん見せ金などお金の貯め方に問題があったり、過去の信用情報に問題があった場合には申し込み後に断られるケースもあります。





融資をしても問題ないかの最終的な確認の場、という意味合いがあるので、リラックスしてそのままの人柄を見てもらいましょう。






みやじま税理士事務所では融資サポートを申し込んだお客様の融資の面談に同席するようにしています。


事前に聞かれることもお伝えしますし、面談のフォローもしますので、安心してお申込みください。

無料(初回)相談受付中!

011-838-7715

受付 9:00〜18:00 土日祝対応可
みやじま税理士事務所公式サイトは こちら

お問い合わせフォーム

前の記事へ 次の記事へ